部門紹介

ご挨拶

キャリア形成支援センター長
赤池 雅史

キャリア形成支援センターは徳島大学病院で勤務する医療職および事務職すべてを対象とし、
それぞれの専門職のキャリア形成を支援するとともに、連携によるチーム医療教育の推進を
目的として設置されました。

その中で、医師部門は、初期臨床研修を担当する卒後臨床研修センターや徳島県の地域医療を
担う人材育成を担当する徳島県地域医療支援センターならびに徳島大学病院の各診療科や関連医療機関と連携を図りながら、専門研修を含めた医師のキャリア形成支援に取り組んでいます。

大学病院を拠点とした医師のキャリア形成(いわゆる"入局研修")は、従来、閉鎖的で、
わかりにくいという指摘がありました。
当センター医師部門では、各診療科と共に、文部科学省大学病院連携型高度医療人養成推進事業「四国本州メディカルブリッジ高度医療人養成」(平成21~24年度)で構築された専門研修システムをさらに発展させ、専門研修および生涯研修の透明化と充実に取り組みます。

皆様のご指導・ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

キャリア形成支援センター医師部門長
吉本 聖

みなさん、はじめまして。平成30年4月1日をもってキャリア形成支援センター医師部門長を拝命いたしました、形成外科医の吉本聖と申します。
医師になって10余年目の春を迎え、新緑の眉山を眺めながら、新職への緊張感で甚だ高揚しております。

さて、昨今の社会思潮はめまぐるしく変遷しており、医師の持つ価値観や患者からの医師に対するニーズにも少なからざる変化を感じます。 また、日本専門医機構の発足、先端医療技術の革新など、医師を取り巻く環境にも変化の波が押し寄せてきているように思います。

この変化の時代におけるこれからのキャリア形成を考えるにあたり、個人、単一組織での調整には限界があるかもしれません。
諸兄の自己実現に向けた柔軟なキャリアデザインを設計・履行できるように、少しでも有効な支援ができるよう尽力してまいりたいと考えています。
御用の際には、お気軽にお声かけいただければ幸いです。

ご指導・ご鞭撻をよろしくお願いいたします。