徳島大学臨床検査専門研修プログラム

徳島大学臨床検査専門研修プログラム

プログラムの概要・特徴

臨床検査はEvidence Based Medicineにおける客観的な指標として、診療にかかせないものです。臨床検査の全般において、その品質の向上と維持に努め、適切かつ信頼性の高いサービスを通して良質で安全な患者診療に貢献する専門医が臨床検査専門医です。そのような専門医を育成すべく、徳島大学臨床検査研修プログラムにおいては指導医がみなさんの教育・指導にあたりますが、みなさんも主体的に学ぶ姿勢をもつことが大切です。本研修プログラムでの研修後に皆さんは、臨床検査の基礎医学的背景、方法論、臨床的意義を十分に理解し、それを元に医師をはじめ他のメディカルスタッフと協力して適正な医療の実践に貢献することになります。本研修プログラムでは、臨床検査医学総論、一般臨床検査学・臨床化学、臨床血液学、臨床微生物学、臨床免疫学・輸血学、遺伝子関連検査学、臨床生理学の基本7科目の研修を行います。基幹施設である徳島大学病院で、多くの研修を行いますが、連携施設での研修を行うことにより、深みのある研修となるように工夫しています。

プログラム統括責任者氏名

長井 幸二郎

指導担当医師数

3名

研修施設

基幹施設

徳島大学病院

連携施設

社会医療法人川島会川島病院、徳島赤十字病院

研修期間

3年

プログラム内容

パターン①:

連携施設の社会医療法人川島会川島病院に異動し、9ケ月間の研修を行います。川島病院は、腎疾患(腎臓内科、泌尿器科、腎機能障害から腎不全、腎移植まで)、糖尿病、循環器疾患に特化した専門病院であり、様々な異常尿所見を呈する尿検体を腎病理とあわせて研修することができます。また、血管機能障害を合併する患者が多いので、超音波検査を始めとして血管機能、心機能検査の研修を重点的に受けることができます。さらに、腎機能障害時の検査値の変動や薬剤の影響、免疫抑制薬の調整などに関した研修にすぐれています。検体検査に関してはFMSで運営されており(職員は病院所属)、FMS方式での検査室の運営管理について知見を深めることができます。歴代2代の徳島大学臨床検査医学名誉教授が非常勤で毎週勤務しており、徳島大学検査部前技師長が技師長をつとめ、ベテランの臨床検査専門医が常勤で勤務しており、臨床検査研修の指導経験を有するスタッフが多く所在します。以上から、臨床検査医学総論、一般検査、特に腎機能低下時の臨床化学、免疫血清検査、腎代替療法時の合併症、心エコーや血管エコーを中心とした臨床生理学を学ぶことに適しています。

パターン②:

連携施設の徳島赤十字病院に異動し、9ケ月間の研修を行います。徳島赤十字病院は、急性期病院であり、循環器疾患、血液疾患、外傷などの患者さんが比較的多く、 また、病理解剖となった症例を中心に、 RCPC を年間6回行なっています。現在は更新審査中止しているが、 検査の第三者認定である CAP, ISO15189認定取得を日本で最初に行った伝統も有します 。以上から、臨床検査医学総論、臨床血液学、緊急輸血を中心とした輸血学、心電図や心エコーを中心とした臨床生理学を学ぶことに適しています。
2年目以降は、徳島大学病院に戻り、まず臨床血液学の研修を行います。骨髄像の判読を身につけ、同検査の報告書を作成することを以降の業務とします。その後、順次カリキュラムに掲載してある検査を研修します。施設内で行っていない検査、例えば遺伝子検査などについては、近隣の施設に実施している状況を見学にいきます。これは連携施設というわけではなく、臨時にその都度調整します。見学は検査実施技術のみで、検査の背景の学習、結果の解釈などは基幹施設で指導医が教えます。
研究は2年次から、指導医と話し合ってテーマを決めて始めます。倫理申請が必要となることが想定されますので、テーマは早く決める必要があります。研究のための時間を前に述べたスケジュールでは特別にとってはいませんが、指導医と相談の上、随時決めることになります。

パターン③:

初期臨床研修後の専攻医、それ以外でも希望する専攻医には、このプログラムに即した研修をしてもらいます(プログラム制)。臨床経験豊富な他基本領域専門医取得者には、初期臨床研修修了後の専攻医と同じプログラム制の研修はそぐわないと考えられ、この場合は、カリキュラム制の研修を行うことを可能とします。また、初期臨床研修修了後に義務年限を有する場合や、特別な事情でプログラム制の研修が困難な場合にもカリキュラム制研修を選択できます。研修期間は3年またはそれ以上とし、到達目標を達成できるような週間、年間スケジュールを指導医と相談の上、業務との兼ね合いで設定することになります。

徳島大学臨床検査専門研修プログラム

取得可能な専門医

臨床検査専門医

募集定員

2名

選考方法

面接により選考します

雇用条件

各診療科担当者にお問合せください。

連絡先

検査部 講師 長井 幸二郎
電話番号:088-633-7184
E-mail:knagai@tokushima-u.ac.jp