部門紹介

ご挨拶

キャリア形成支援センター長
赤池 雅史

キャリア形成支援センターは徳島大学病院で勤務する医療職および事務職すべてを対象とし、
それぞれの専門職のキャリア形成を支援するとともに、連携によるチーム医療教育の推進を
目的として設置されました。

その中で、医師部門は、初期臨床研修を担当する卒後臨床研修センターや徳島県の地域医療を
担う人材育成を担当する徳島県地域医療支援センターならびに徳島大学病院の各診療科や関連医療機関と連携を図りながら、専門研修を含めた医師のキャリア形成支援に取り組んでいます。

大学病院を拠点とした医師のキャリア形成(いわゆる"入局研修")は、従来、閉鎖的で、
わかりにくいという指摘がありました。
当センター医師部門では、各診療科と共に、文部科学省大学病院連携型高度医療人養成推進事業「四国本州メディカルブリッジ高度医療人養成」(平成21~24年度)で構築された専門研修システムをさらに発展させ、専門研修および生涯研修の透明化と充実に取り組みます。

皆様のご指導・ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

キャリア形成支援センター医師部門長
大浦 雅博

初めまして。令和2年度よりキャリア形成支援センター医師部門長を拝命致しました、大浦雅博と申します。

さて、平成30年度から日本専門医機構による新専門医制度が開始され、他にも専攻医のシーリングなど医師のキャリア形成を取り巻く状況は大きな変化の中にあります。
このような変化の中で、専門研修をはじめとした医師のキャリア形成を個人で考えていくことは、不明な点や不安も多いものと考えられます。
当センター医師部門は各診療科、関連医療機関ならびに卒後臨床研修センター、徳島県地域医療支援センター等各部門との連携を図りながら、専攻医の先生方が、多様なキャリアデザインを設計・履行するために必要な支援が行えるよう努力して参りたいと考えております。どのようなことでも、お気軽にご相談いただければ幸いです。

皆様のご指導・ご鞭撻のほどをよろしくお願いいたします。