徳島・四国・旭川形成外科専門研修プログラム

徳島・四国・旭川形成外科専門研修プログラム

プログラムの概要・特徴

形成外科は臨床医学の一端を担うものであり、先天性あるいは後天性に生じた変形や機能障害に対して外科的手技を駆使することにより、形態および機能を回復させ患者のQuality of Lifeの向上に貢献する外科系専門分野です。

形成外科専門医制度は、形成外科専門医として有すべき診断能力の水準と認定のプロセスを明示するものであり、専門研修プログラムは医師として必要な基本的診断能力(コアコンピテンシー)と形成外科領域の専門的能力、社会性、倫理性を備えた形成外科専門医を育成することを目的としています。

上記目的が達成できるように、専門研修プログラムでは基幹施設と連携施設の病院群で指導医のもとに研修が行なわれます。専門研修プログラムでは外傷、先天異常、腫瘍、瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド、難治性潰瘍、炎症・変性疾患、美容外科などについて研修することができます。

プログラム統括責任者氏名

橋本 一郎

指導担当医師数

22名

研修施設

基幹施設

徳島大学病院

連携施設

徳島県立中央病院、徳島赤十字病院、徳島県鳴門病院、高松市立みんなの病院、四国こどもとおとなの医療センター、屋島総合病院、松山赤十字病院、高知赤十字病院、高知医療センター、旭川赤十字病院、柏厚生総合病院

研修期間

4年

プログラム内容

2年間の初期臨床研修のあと、後期研修を4年間行います。後期研修のローテーションは、大学病院で1年間研修したのちに、連携施設と大学病院を2年おきに異動していただく場合が多いです。4年間の臨床研修と、プログラムに記載されている義務事項(講習の受講や論文発表など)をクリアすれば専門医の受験資格(初期臨床研修を含む6年間の臨床研修)が満たされます。その翌年の卒業後7年目に専門医の受験をしますので専門医の資格が授与されるのは卒業後8年目からになります。

大学院入学、学位早期取得を希望される方は別途相談に応じます。

徳島・四国・旭川形成外科専門研修プログラム

ローテーション例(図)

取得可能な専門医

形成外科専門医

募集定員

4名

選考方法

面接

雇用条件

各診療科担当者にお問合せください。

連絡先

徳島大学病院形成外科医局
電話番号:088-633-7296
E-mail :keisei@tokushima-u.ac.jp

関連リンク

http://plaza.umin.ac.jp/tokudaikeisei/index.html