専攻医にも優しい診療科です ~小児科 医員 田中真波~

徳島大学小児科に今年入局し後期研修を開始しました田中真波と申します。
こどもの頃から小児科医にあこがれて徳島大学医学部医学科に入学した私は、医学科3年時の研究室配属でも小児循環器の早渕先生にお世話になりました。そして卒後研修も徳島大学卒後研修小児科コースを選択して研修を行いました。

徳島大学小児科の後期研修のよいところは指導医の先生がみんな優しいところです。分からなくて困っていると、そっと寄ってきて丁寧に教えてくれます。後期研修の日常は、朝こどもたちの顔をみて家族に様子をお聞きすることから始まります。それから採血などの処置を順番に行います。看護師さんたちも協力的でこどもたちに優しく声かけして、血管が細くて難しい子のときは私たちを励ましてくれます。保育士さんと病棟の子どもたちと一緒に七夕祭りやクリスマスなどではパーティを行ったりして楽しい時間を過ごしたりもします。大学病院のために難病で苦しむ子たちを診ることも多いですが、子どもたちの頑張る姿やご家族の真摯な面持ちを見ていると一生懸命に診断や治療を考える習慣が自然についてきたと感じます。週1回はWebクリニカルカンファレンスを行っていますが、基本的な総論から症例の診療に必要な最新の知見まで討論するので準備は大変ですがとても勉強になっています。NICUの研修も新生児蘇生や早産児の輸液管理を学べて、暇な時は可愛い赤ちゃんを抱っこできるので楽しいです。

こどもが好きで、専門研修先で悩んでいらっしゃれば徳島大学小児科をおすすめします。

徳島大学病院 小児科 医員 田中真波