徳島大学病院 形成外科・美容外科での後期臨床研修について~形成外科 医員 水口誠人~

 卒後3年目の水口誠人です。徳島赤十字病院での初期研修を経て、後期研修として当院形成外科を選択しました。
 形成外科が扱う分野は顎顔面や四肢などの先天異常や外傷、皮膚腫瘍、他科と合同で行う悪性腫瘍切除後の再建などの手術以外にも、アザなどのレーザー治療など多岐にわたります。ですので一言で形成外科が何をする科なのかを説明することは難しいですが、逆に言えば色々なことが経験できるのが形成外科の魅力の一つだと思います。
 現在は、担当症例の術者、または助手を務めつつ、主に周術期の病棟管理を行っています。まだ形成外科で働きだして1年ですので、はじめて経験する疾患、術式がほとんどで、日々勉強に追われる毎日です。しかし手術に入るたびに新しい発見や気付きがあり、非常に充実した研修ができています。形成外科専門医を取得するためには、形成外科が扱う色々な分野の症例を一定量経験する必要がありますが、当科では四国4県の主要な施設が連携施設となっているので専門医を取得するのに症例が不足して困るということはないと思います。現在は大学病院勤務ですが、今後は連携施設を回りながらさらに研鑽を積んでいきたいと考えています。

 もし興味を持たれている方や、どんな事をしているのか実際に見てみたい方などがおられましたら、気軽に見学にいらしてください。

                   徳島大学病院 形成外科 医員 水口 誠人

年度別: 2020年度